採用情報

職場紹介・従業員インタビュー

従業員インタビュー 2015年入社 / ソラリア事業所環境課ソラリアプラザビル 堤 伊津子

従業員インタビュー 
2001年入社 / ソラリアプラザ警備 
蒲池 祐介

―お仕事の内容を教えてください。

警備責任者をしていますので、オーナー様にとっての窓口となることが大切な仕事です。オーナー様へのご報告はもちろんのこと、要望をお伺いしたり、様々な改善の提案を行ったりしています。また警備業務としては、開閉館作業、施設の巡回、来館受付や緊急時の対応(救急・火災・不審者対応)等を行い、施設の安心・安全を守る仕事をしています。

―当社を選んだ理由(入社のきっかけ)は何ですか?

私は2001年に中途採用で入社しました。普段から西鉄の電車やバスを利用していたので、身近に感じる企業でしたし、西鉄グループということで安心感がありました。知人に西鉄グループで働かれている方がおり、福利厚生が充実していることも聞いていたので、求人を見てすぐに応募しました。

―お仕事に慣れるまでにどれぐらいかかりましたか?

入社して約1ヵ月間は先輩社員が付いて業務内容を教えてくれました。各職場で勤務内容に違いはありますが、1ヵ月経つと1人で業務をこなせる方がほとんどです。最初は大変かもしれませんが、丁寧に指導する教育体制が整っていますので、未経験の方でも安心して働けます。

―お仕事でどんな時に「やりがい」を感じますか?

日本人のお客様はもちろんですが、最近では外国人のお客様も増え、道案内をお願いされることがあります。お客様をご案内して、去り際にお礼を言っていただいた時はやりがいを感じます。また警備責任者として、より良い職場環境作りや、警備員としてのレベルアップに努めていますので、職場の皆さんが笑顔で前向きに業務に取り組んでいる姿を見ると嬉しくなります。

―お仕事で気を付けているところはありますか?

健康管理と、前向きに仕事に取り組む姿勢を大切にしています。自分自身の体調を崩していてはお客様の安心・安全を守ることは出来ませんので、毎日健康に出勤することを心掛けています。また、警備の仕事はどうしても毎日同じことの繰り返しになってしまいがちです。そうしたマンネリ化は仕事のミスや事故につながってしまいますので、毎日少しずつでも成長していけるよう仕事に臨んでいます。

―お仕事で大変なところはありますか?

商業施設を担当しているので、開閉館作業時のシャッター操作作業、お客様の残留確認やエレベーターの起動・停止操作など、お客様の安全に細心の注意を払う必要があります。また、酔っ払われたお客様や不審者への対応も必要になってきます。そうした大変さはあるのですが、同じ職場の設備技術員や清掃員の方々と部署の垣根を越えて協力し合う体制が整っていますので、とても心強いです。

―職場の雰囲気について教えてください?

現在は30名弱の現場の責任者を務めているのですが、年齢層も30代から60代までとても多様です。職場内も和気あいあいとしていて、何事も話しやすい職場です。私自身も風通しの良い職場づくりには特に気を付けています。また職場内の目標を定めており、目標達成に向けて、皆さん前向きに取り組んでもらっています。

―今後の目標を教えてください

責任者として会社に貢献できるよう、部下の育成はもちろんのこと、品質の向上にも努めていきたいと思います。お客様からも更に信頼していただける警備員を目指して、1つ1つの業務を丁寧に頑張っていきたいです。

採用情報

職場紹介・先輩社員
インタビュー

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら